2016ワークショップ開催

 

株式会社ジャックポット声優部trinity forceがエンターテイメント集団アクトパスガーデンの協力のもと、お芝居のワークショップを開催中!

trinity force公式HPはこちら

開催期間2016年11月~2017年3月

声優になりたい!プロとして活躍していきたい!そんなあなたに贈るワークショップ。プロデューサー、演出家、脚本家の3つの視点からの独自の指導によって、声優、そして役者に必要なことを学べます。

日時 毎週土曜日10時00分~12時30分(原則月4回)

月謝 12000円/月

☆随時、参加者募集中です!!

☆2017年3月までは、あくまでプレの段階です。2017年4月以降のワークショップについては、このHPにて随時アップしていきます。いましばらく、お待ち下さい。

 

講師プロフィール

 

青木淳高 trinity force代表。日本演出家協会会員。自身の出演、演出に加え学生時代より大小様々なプロデュース公演を企画、運営する。イベント・ライブ等も手掛け、その活動は多岐に渡る。近年は高校での声優選択授業の講師なども務める。

代表作『アポカリプス』(原作 荒俣宏『新帝都物語』)等

 

 

野坂実 演出家・脚本家 シチュエーションコメディーをベースに、緻密なプロットの物語をスピーディ且つ解りやすく演出することを得意とする。豊口めぐみとの「東京ジャンケン」、水島裕・山寺宏一との「ラフィングライブ」を主宰。その他、多くの舞台作品において演出を手掛け、三宅裕司のスーパーエキセントリックシアターでは脚本を担当するなど、第一線の声優と舞台俳優による上質なコメディを追及し続けている。

 

 

 

土城温美 MA フィールド所属脚本家・演出家。早稲田大学第一文学部演劇映像専修 卒業。

主な脚本作品:映画「アニバーサリー」(本広克行監督作品「生日快樂十分幸福」、萩原健太郎監督作品「50年目のシンデレラ」)、TBS報道ドラマ「生きろ〜戦場に残した伝言〜」。ほか、舞台作品、アニメ作品も多数手掛けている。

 

広告